ゼクシィ縁結びエージェントとパートナーエージェントを比較、違いを解説

どちらの相談所も仲介型&データ検索型の複合型の相談所であり、一見すると、運営のシステム等も似通った点が非常に多いです。

ただし、細かく比較してみると様々な違いがあるので、解説していきます。

ゼクシィ縁結びエージェント

コースごとの料金で比較

どちらも3つのコースがありますが、コースごとの料金を比較してみます。

1番人気のコースの料金を比較

パートナーエージェント(コンシェルジュコース) ゼクシィ縁結びエージェント(スタンダードプラン)
初期費用 95,000円 0円
登録料(入会金) 30,000円 30,000円
月会費 17,000円(エリア1)
14,000円(エリア2)
16,000円
成婚料 50,000円 0円
1年間で掛かる費用の合計 379,000円(エリア1)
343,000円(エリア2)
222,000円

1番人気のプランの費用だけで考えた場合、ゼクシィ縁結びエージェントの方が比較にならないほど安いです。

成婚料の5万円も含めると初期の活動費用に15万円の差があることになります。

1番安いコースの料金を比較

パートナーエージェント(コンシェルジュライトコース) ゼクシィ縁結びエージェント(シンプルプラン)
初期費用 30,000円 0円
登録料(入会金) 30,000円 30,000円
月会費 13,000円(エリア1)
11,000円(エリア2)
9,000円
成婚料 50,000円 0円
1年間で掛かる費用の合計 266,000円(エリア1)
242,000円(エリア2)
138,000円

1番安いプラン同士をトータルコストで比較した場合も、やはりゼクシィ縁結びエージェントは半額近く安いです。

特に9,000円という月額は業界でも最安値と言えるでしょう。

10,000円を切っている相談所は中々ないです。

1番高いコースの料金を比較

パートナーエージェント(エグゼクティブコース) ゼクシィ縁結びエージェント(プレミアプラン)
初期費用 280,000円 0円
登録料 30,000円 30,000円
月会費 30,000円 23,000円
成婚料 50,000円 0円
1年間で掛かる費用の合計 720,000円 276,000円

パートナーエージェントは、厳密にはエグゼクティブの上にアルティメットコースがあるのですが、実質上の最上位であるエグゼクティブコースで紹介しています。

それでも、料金は約2.6倍違います。

どのプランを選んでもゼクシィ縁結びエージェントの方が料金ははるかに安い事は分かると思います。

これだけ安いならゼクシィ縁結びエージェントで決まりと思うかもしれませんが、結婚相談所の目的はあくまでも「結婚出来るかどうか」なので、他の要素も考慮もする必要があります。

ゼクシィ縁結びエージェントは成婚料が無い点にも注意

成婚料が無いという事は、月額で稼ぐスタイルの相談所という事です。

また、成婚させる事でコーディネーターにインセンティブが入らないので、個々人への徹底したサポートはあまり期待出来ません。

割引プラン適用後の料金で比較

ゼクシィ縁結びエージェントは割引プラン自体が存在しません。

そこで、パートナーエージェントの割引プラン適用後の料金と、ゼクシィ縁結びエージェントの通常料金を比較してみます。

パートナーエージェント(割引適用後コンシェルジュコース) ゼクシィ縁結びエージェント(スタンダードプラン)
1年間でかかる費用 U24 283,500円
U29 307,500円
パックスメンバーズ 331,000円
シングルマザー 307,500円
220,000円
パートナーエージェント(割引適用後コンシェルジュライト) ゼクシィ縁結びエージェント(シンプルプラン)
1年間でかかる費用 U24 242,000円
U29 242,000円
パックスメンバーズ 無し
シングルマザー 242,000円
138,000円

この通り、パートナーエージェントに割引プランを適用しても、ゼクシィ縁結びエージェントの通常料金の安さに敵いません。

割引キャンペーン適用後の料金で比較してもゼクシィ縁結びエージェントの通常料金の方が安い

ゼクシィ縁結びエージェントでは割引キャンペーン自体を基本行なっていませんが、パートナーエージェントの割引プランにキャンペーンの割引を上乗せしても、ゼクシィ縁結びエージェントの通常料金の方がはるかに安いです。

ゼクシィ縁結びエージェントに割引プラン自体が無いのは、割引く余地が無いくらいに元々安いからであると言えるでしょう。

いずれにせよ、料金面ではどう転んでもパートナーエージェントよりゼクシィ縁結びエージェントの方がはるかに安いです。

コースごとの申し込み可能人数で比較

どちらの相談所も紹介方法は似通った点が多いです。

具体的には、仲人(ゼクシィではコーディネーター)による人の手による紹介と、データから相性のいい相手を紹介してもらう紹介がある点は共通しています。

また、紹介された相手に対して申し込むかどうかを決めるのは自分自身というところも共通しています。

違ってくるのは、自分からお見合いを申し込める人数です。

1番人気のコースの申し込み可能人数で比較

パートナーエージェント(コンシェルジュコース) ゼクシィ縁結びエージェント(スタンダードプラン)
紹介方法合計/年間計 132人 312人
自分で検索してファーストコンタクトお申し込み 0人/月 10人/月
担当の紹介した異性へのファーストコンタクト申し込み 6人/月 6人/月
コネクトシップ申し込み 5人/月 10人/月

自分から相手に申し込める人数は、ゼクシィの方が圧倒的に多いです。

パートナーエージェントの場合、自分で相手を見つけて申し込む手段はコネクトシップのみで、自社会員を自分で検索して申し込む事は出来ません。

対して、ゼクシィ縁結びエージェントは自社会員に対しても月に10件まで自分で検索して申し込む事が出来ます。

自分で相手を探して申し込みたい人は、断然ゼクシィ縁結びエージェントを選ぶべきです。

1番安いコースの申し込み数

パートナーエージェント(コンシェルジュライト) ゼクシィ縁結びエージェント(シンプルプラン)
紹介方法合計/年間計 192人 240人
自分で検索してファーストコンタクトお申し込み 0人/月 10人/月
担当の紹介した異性へのファーストコンタクト申し込み 4人/月 0人/月
コネクトシップ申し込み 12人/月 10人/月

1番安いコースの場合も人数はゼクシィ縁結びエージェントの方が50人近く多いです。

ただし、ゼクシィ縁結びエージェントの場合は担当が人の手で直接選んでくれた異性の紹介がありません。

相性のいい相手を自分で見極める自信があるのであれば、断然ゼクシィ縁結びエージェントを選ぶべきですが、相手選びに自信が無ければパートナーエージェントを選ぶ方が無難だと言えるでしょう。

1番高いコースで比較

パートナーエージェント(コンシェルジュライト) ゼクシィ縁結びエージェント(シンプルプラン)
紹介方法合計/年間計 336人 312人
自分で検索してファーストコンタクトお申し込み 0人/月 10人/月
担当の紹介した異性へのファーストコンタクト申し込み 8人/月 6人/月
コネクトシップ申し込み 20人/月 10人/月

ゼクシィ縁結びエージェントはプレミアとスタンダードで申し込み人数の上限は変わりません。(後述しますが、プレミアはサポート内容の質が上がります)

対して、パートナーエージェントは1番高いコースを選択すると申し込み可能人数が一気に上がります。

特にコネクトシップ申し込み可能人数が上がるので、他の相談所の会員と会える機会が多くなります。

コースごとのサポート内容で比較

料金の差は、主にサポート内容の差に現れています。

1番人気のコースのサポート内容で比較

パートナーエージェント(コンシェルジュコース) ゼクシィ縁結びエージェント(スタンダードプラン)
婚活計画の作成と修正 ×
プロフィール作成代行 ×
定期面談 3ヶ月に1回 3ヶ月に1回
婚活セミナー
電話・メール相談

どちらも3ヶ月に一回の定期面談はありますが、成婚までの具体的なプランニングの有無の違いはかなり大きいです。

自力で結婚出来る相手との婚活をメインで進めるならゼクシィ縁結びエージェントでも問題ありませんが、格上のハイスペを狙うのであれば、具体的な計画の作成や軌道修正は欠かせません。

特に自己アピールが下手な人にとっては、パートナーエージェントのプロフィール作成代行は、ゼクシィ縁結びエージェントにはない大きなメリットだと思います。

1番安いコースのサポート内容で比較

パートナーエージェント(コンシェルジュライトコース) ゼクシィ縁結びエージェント(シンプルプラン)
婚活計画の作成と修正 × ×
プロフィール作成代行 × ×
定期面談 × △(有料)
婚活セミナー × △(有料)
電話・メール相談

1番安いプラン同士を比較した場合は、ゼクシィ縁結びエージェントの方がお得です。

パートナーエージェントは婚活セミナーや定期面談を全く受け付けていませんが、ゼクシィ縁結びエージェントはオプション料金を支払う事で受ける選択肢があります。

1番高いコースのサポート内容で比較

2

パートナーエージェント(エグゼクティブコース) ゼクシィ縁結びエージェント(プレミアプラン)
婚活計画の作成と修正 ×
プロフィール作成代行 ×
定期面談 1ヶ月に1回 2ヶ月に1回
婚活セミナー 月2回まで無料 ◯(不定期、有料)
電話・メール相談
その他 特に優秀なコンシェルジュが担当 ファーストコンタクト成立保証

1番高いプランを比較した場合、サポート内容はパートナーエージェントの方がはるかに上です。

特に優秀なコンシェルジュがサポートしてくれる点は、高い金額に見合った価値があるでしょう。

ゼクシィ縁結びエージェントプレミアプランのファーストコンタクト成立保証について

ゼクシィ縁結びエージェントのプレミアプランにだけ適用されるのが、ファーストコンタクト成立保証。

お相手からのファーストコンタクトのお申し込みに対し月1件以上受諾する事を条件に、月1件以上のファーストコンタクト成立を保証するものです。

万が一ファーストコンタクトが1件も成立しなかった場合には、月会費の請求から7,000円が減額されます。

ただ、「お見合いが出来なければ減額するので許して」という制度に価値があるのかについては正直疑問です。

結婚相談所でお見合い出来るのは当然の事であり、減額する事が付加価値になる訳では無いと思います。

入会条件で比較

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
男性 22歳~64歳以下
定職に就いていて一定以上の収入がある方
個人事業主・フリーランスもしくは業務受託契約を結んでいる方等
20歳~54歳前後までの安定した収入のある方
女性 20歳~54歳以下 20歳~45歳前後までの方

ご覧の通り、年齢制限はゼクシィの方が厳しいです。

特に女子については、パートナーエージェントは50代でも入会出来ますが、ゼクシィは基本入会不可です。

入会に必要な書類については、ゼクシィ縁結びエージェントもパートナーエージェントもほぼ同じなので割愛します。

休会・中途退会・再入会の有無で比較

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
休会 休会不可 毎月20日までの申し出で、休会可(休会中は1,000円/月が発生)
中途退会 毎月25日までの申し出で、中途退会可(契約解除料20,000円) 毎月20日までの申し出で、中途退会可(中途退会費用無し)
再入会 可能(入会費と初期費用免除) 可能(半年以内の再入会なら入会金免除)

ご覧の通り、ゼクシィ縁結びエージェントの方がゆるい感じなのが分かると思います。

中途退会費用も取られません。

ただ、ゆるいのがいい相談所であるかというと、そうとは限りません。

婚活を続けていると、全然上手くいかずに逃げ出したくなるような場面もあります。

特に意思が弱い人だと、簡単に休会出来てしまうような相談所だとすぐ休会してしまいます。

絶対に結婚したいのであれば、敢えて厳しい相談所を選ぶ事も視野に入れた方がいいかもしれません。

成婚率で比較

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
成婚率 38.6% 33.3%

上記は、株式会社オノフ調べの2019年度のみの成婚率です。

公式サイトに掲載されている成婚率の情報は3年分の平均値なので、もう少し低く掲載されていますが、成婚率30%超えはどちらの相談所もかなり優秀である事は間違いありません。

ただし、成婚率を比較する場合、成婚に辿り着くまでの「過程」がかなり重要です。

成婚までのスピードで比較

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
1年以内の交際率 92.6% 非公開
1年以内の成婚率 63.8% 非公開
入会から交際までの平均期間 2.3ヶ月 非公開
成婚に到達するまでの平均お見合い数 29.1回 非公開
1ヶ月以内のお見合い数 非公開 80%

表を見ればお分かりいただけると思いますが、ゼクシィ縁結びエージェントはスピード婚の実績データをほとんど公開しておらず、唯一公開しているのが1ヶ月以内のお見合い数くらいです。

対して、パートナーエージェントは詳細な実績を公開しており、1年以内の成婚率は63.8%です。

つまり、結婚相談所に2年以上在籍するリスクが低いのは明らかにパートナーエージェントの方だと考えていいでしょう。

会員数で比較

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
単体の会員数 11,508人 10,850人
最大ポテンシャル数 24,439人 27,700人

どちらの相談所もコネクトシップに加入しており、表記の最大ポテンシャル数は「その相談所の会員とのマッチングに許諾している他の相談所の会員の総数」です。

コネクトシップの会員数だけで考えた場合、パートナーエージェントとのマッチングを許諾している会員の数よりも、ゼクシィ縁結びエージェントとのマッチングを許諾している会員の数の方が上回っている事が分かります。

言い換えると、パートナーエージェントは同じ結婚相談所の中で出会って結婚するパターンが多く、逆にゼクシィ縁結びエージェントはコネクトシップ経由が多いという事が分かります。

男女比で比較

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
男女比 44(5,063人):56(6,445人) 非公開

女子目線で考えた場合、男女比がオープンで無いのは結婚相談所としては致命的です。

そもそも結婚相談所は男性の登録の方が少ない事がほとんどなので、ゼクシィ縁結びエージェントは女性会員の割合がかなり多い可能性があります。

会員のスペックで比較

「どんな男性と結婚出来るか?」と「どんな女性のライバルがいるのか?」という期待値を洗い出してみます。

年齢層

男性の年齢層
パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
30歳まで 7.6%(385人) 13%(人数は非公開)
31歳から35歳まで 17.5%(886人) 26%(人数は非公開)
36歳から40歳まで 25.3%(1,281人) 28%(人数は非公開)
41歳から45歳まで 25.1%(1,271人) 21%(人数は非公開)
46歳以上 24.5%(1,240人) 11%(人数は非公開)
女性の年齢層
パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
30歳まで 18.3%(1,180人) 24%(人数は非公開)
31歳から35歳まで 30.1%(1,940人) 42%(人数は非公開)
36歳から40歳まで 29.2%(1,869人) 26%(人数は非公開)
41歳から45歳まで 16.3%(1,051人) 21%(人数は非公開)
46歳以上 6.1%(405人) 1%(人数は非公開)

これは安価な料金が大きく影響しているものと思われますが、男女共に、会員の年齢層は明らかにゼクシィ縁結びエージェントの方が圧倒的に若いです。

つまり、女子がゼクシィ縁結びエージェントで婚活する場合、アラサー以下のピチピチのライバル達と競う事になり、アラフォー以上の女子は高確率で年下のライバルに負けます。

アラフィフの女子に至ってはゼクシィ縁結びエージェントには1%しかいないので、もはや希少動物ですが、婚活市場では希少動物に優しくしてくれる男子は皆無です。

ゼクシィ縁結びエージェントの場合、35歳以上の女子はかなり厳しい婚活を強いられると覚悟した方がいいでしょう。

年収

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
男性の平均年収 633万円(関東)
568万円(関東以外)
非公開
女性の平均年収 441万円(関東)
385万円(関東以外)
非公開

ゼクシィ縁結びエージェントは男性会員の年収は一切非公開です。

という事は、男性会員の年収をウリにしている相談所ではないという事になります。

学歴

男性の学歴
パートナーエージェント(大卒以上74.3%) ゼクシィ縁結びエージェント(大卒以上74%)
大学院卒 15.1%(765人) 15%(人数は非公開)
大卒 59.2%(2,997人) 60%(人数は非公開)
短大・高専卒 2%(10人) 2%(人数は非公開)
専門卒 11%(557人) 11%(人数は非公開)
高卒 12.7%(734人) 12%(人数は非公開)
女性の学歴
パートナーエージェント(大卒以上65.7%) ゼクシィ縁結びエージェント(大卒以上61%)
大学院卒 7.4%(477人) 4%(人数は非公開)
大卒 58.3%(3,757人) 58%(人数は非公開)
短大・高専卒 15.3%(986人) 14%(人数は非公開)
専門卒 12.3%(792人) 16%(人数は非公開)
高卒 6.7%(433人) 8%(人数は非公開)

男性会員の学歴の分布は、ゼクシィ縁結びエージェントとパートナーエージェントはほぼ同様の割合になっています。

女性会員については、パートナーエージェントの女性会員の方が若干スペックが上です。

なお、ゼクシィ縁結びエージェントは会員の出身校については具体的な情報を一切公開していません。

職業

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
男性の職業 一部公開 非公開
女性の職業 一部公開 非公開

ゼクシィ縁結びエージェントは完全非公開です。

対応可能地域で比較

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
店舗数 30店舗 24店舗

ゼクシィ縁結びエージェントの方が若干少ないです。

設立年で比較

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
設立年度 2007 2015

どちらも新しい相談所ですが、ゼクシィ縁結びエージェントの方が若干歴史が浅いです。

会社の特徴で比較

パートナーエージェント ゼクシィ縁結びエージェント
会社の特徴

東証マザーズ上場企業
成婚数、会員のデータを積極公開
成婚率至上主義
EQアセスメントで価値観を可視化
コンシェルジュの質が高い

会員が支払うコストは出来るだけ抑える
リクルートブランド
2018年オリコン満足度1位
アプリ、パーティーと連動

運営会社の資金力やブランドは、やはりゼクシィ縁結びエージェントの母体であるリクルートの方が上です。(ただし、リクルートは有名ですが非上場企業)

ゼクシィが結婚相談所ビジネスに参入したのは最近ですが、元々結婚情報誌を扱っていた事から、結婚に対するノウハウも豊富です。

ゼクシィは縁結びエージェントの他にアプリやパーティーも運営していますが、やはりブランド力を全面に出して成功させています。

設立3年でオリコン1位に輝いている実績をみても、ゼクシィとリクルートの知名力は侮れないと言えるでしょう。

まとめ

ゼクシィ縁結びエージェントとパートナーエージェントを比較してわかる事をまとめてみます。

ゼクシィ縁結びエージェントは男性会員の数が少ない可能性が高い

ゼクシィ縁結びエージェントは男女比を公開していませんので、男性の割合が少ない事が疑われますが、この疑惑に更に追い討ちをかけるのがコネクトシップを含めた会員数です。

コネクトシップ含めた人数を比較すると、パートナーエージェントよりゼクシィの方が会員数が多いという逆転現象が起こります。

つまり、ゼクシィ縁結びエージェントの女子会員は、相談所内で相手が見つからず、コネクトシップに流れている可能性が高いでます。

この疑惑は、ゼクシィ縁結びエージェントが男女比を公開してくれるまで消えないと思います。

ゼクシィ縁結びエージェントの男性会員はハイスペではない

年収、職業、学歴と男性会員のスペックを完全に非公開にしている時点で、ゼクシィ縁結びエージェントがハイスペ男子との結婚を売りにしている結婚相談所で無いことは確実です。

会員の年齢層が若めである事からも、ハイスぺ男子の卵を探すには向いていますが、完成されたハイスぺ男子を探すには向いていません。

運営が入会させたい会員のターゲット層が違う

ゼクシィは男女共にとにかく若い会員を入会させたい為に、コストを出来るだけ抑えて収入が低い若い層を入会させやすくしています。

また、コストを抑えた分、相談所のサポートも必要最小限に絞っています。(そもそも若い女子は男子から引く手数多なので、結婚相談所のサポートに必要なコストも掛かりません)

つまり、ハイスペ狙いのスピード重視のアラサー女子や恋愛弱者ならサポート重視のパートナーエージェント、じっくり時間をかけて恋愛の延長から結婚したい20代の女子はゼクシィ縁結びエージェントに入会した方がお得です。

ゼクシィ縁結びエージェント