ハイスぺ男子との婚活を成功させるには?プレゼントの選び方等を解説

ハイスぺ男子との出会い方は様々ですが、結婚相談所で知り合ったハイスぺ男子とのお見合いをする際に、知っておいた方がいい事をまとめてみます。

ハイスぺ男子とのお見合いのマナー

マナーと言っても、婚活で必要なマナーはテーブルマナーのようなお作法ではありません。

ハイスペ男子といえども、常に高級レストランに行っている男子ばかりではありませんし、庶民的な趣向のデートを好むハイスペ男子はたくさんいます。

重要なのは、どんな場所に行っても相手を不快にさせない為の「基本的な気遣い」です。

特にハイスペ男子は優秀な頭脳を持っていますので、ちょっとした仕草から女子の性格を見抜きます。

性格が悪い女子と思われないよう、以下の行動は意識してデートに臨みましょう。

お礼をしっかり伝える

高収入のハイスペ男子達は、高級レストランに行っても当然のように女子に奢ってくれる事がほとんどですが、女子はそれを当然と思ってはいけません。

「お金持ちだし別にいいじゃん」と思っている女子は悔い改めるべきです。

ハイスペ男子はお金目当ての女子を特に嫌いますが、お礼すら言わないのは最悪の印象を与えます。

ご馳走してもらったら、必ず心から感謝の気持ちを言葉にして、次回会う時はお菓子なり買っていく事をおススメします。

男子に会話を任せきりにしない

ハイスペ男子は自立した意思の強い女子を好みます。

デートの段取りもそうですが、会話のリードも男子に任せきりにするのはやめましょう。

自身が咄嗟に話題を振るのが苦手な性格であるのなら、相手のプロフィールを熟読して、記載してある趣味を徹底的に調べてからデートに臨むくらいの覚悟は必要です。

ぎこちない話題の振り方でも、自分のプロフィールに書いた趣味を一生懸命勉強してきてくれた事はハイスペ男子であればきっと理解してくれますし、自分に興味を持って努力してくれた事に喜ばないはずがありません。

高額なレストラン・モノを指定しない

しつこいかもしれませんが、ハイスペ男子が特に敬遠するのがお金目当ての女子です。

相手が年収1,500万のハイスペ男子であっても、デートの度に女子から高額なレストランを指定すれば間違いなくドン引きされます。

高額なプレゼントを要求する事なんてもっての他です。

お付き合いする事になれば、結婚前でも誕生日やクリスマスの記念日には多少高価なプレゼントを頂戴する事もあるかもしれませんが、間違っても自分から高額なものを要求してはいけません。

デートでどこに行きたいか聞かれたら、出来るだけ男子の経済的な負担にならないように気を使って場所を選定すべきです。

童話の金の斧と銀の斧の話はご存知だと思いますが、木こりは誠実であったが故に金の斧と銀の斧を手に入れる事が出来たのです。

ハイスペ男子との婚活も同じ事です。

相手の事を思いやる誠実な気持ちを持ち続ける事が、最終的に幸せな結婚に辿り着く最短の道だと思います。

ご馳走してもらったら必ずお返しを

超高級レストランの食事をご馳走してくれた年収が3倍以上違うハイスペ男子に対して、いったい何をお返しすればいいのか悩む人もいるかと思いますが、相手にお返しする時に大切なのは金額でなくて「気持ち」です。

自分が興味を持っている女子から、「ありがとうございました。お礼に次回はお茶をご馳走させて下さい」と言われて喜ばない男子はいません。

お付き合いまで発展しているのであれば、手料理をご馳走してもいいです。感謝の気持ちをお礼としてお返しする事に意味があります。

お見合いのプロフィール作成のポイント

結婚相談所に登録すると、自分のプロフィールを会員ページに掲載する必要がありますが、プロフィールを作るのは奥が深い作業です。

文章の構成次第で、プロフィールを見た男子が興味を持って申し込んでくれるかどうか大きく影響してきます。

長所は人それぞれ違うので、書き方も変わってくるのですが、ハイスペ男子との婚活で大切なプロフィール作りについて、いくつか大事なポイントをまとめてみます。

自分が相手に対して出来る事(メリット)を書く

これは非常に重要です。女子が男子に年収や学歴等のスペックを希望するのと同様に、男子も女子に対して求めるものがあります。

ハイスペ男子の立場からすれば、「出来るだけ若くて頭の回転が早い美女」を理想として考えている人は多いと思います。

もちろん、男女共に理想と現実のギャップを埋めてある程度の妥協をしてから最終的に結婚に到達する訳ですが、出来るだけ自分にとってメリットがある相手である事に越したことはないと考えているのは確かです。

したがって、プロフィールには、相手の目線に立って、相手に対してどのような事が出来るかを書くべきです。

自分の年収によって変わるアピールポイント

プロフィールの文章のアピールの仕方は色々ありますが、女子自身の年収によっても書き方も変わってきます。

年収800万の女子であれば、ハイスペ男子と同等の水準で公私共にサポート出来る事をアピールすべきですが、年収が低い場合は逆のアピールの仕方もあります。

例えば、家庭菜園や自炊、料理が得意である事を長所として書けば、やりくり上手の倹約家の女子であるとアピール出来ます。

大抵のハイスペ男子は女子の年収の金額自体については気にも止めませんが、年収が低いなりに工夫する事が出来る賢い女子であると感じれば魅力的に感じると思います。

プロフィールに書いたらNGなもの

プロフィールに書くべき事以上に知っておくべきなのが、「プロフィールに書いてはいけない事」です。

豊富な読書量で培われた優秀な頭脳の持ち主であるハイスペ男子達は、ちょっとした文脈から女子の性格を読み取ります。

プロフィールの文章を読んだだだけで性格が悪い女子だと思われないよう、以下の3点は絶対にプロフィールに書かないようにしましょう。

男子に対する希望条件

プロフィールに書くべき事が「自分が相手に対して出来る事」であるならば、絶対に書いてはいけない事はその真逆、すなわち「相手に対して求める条件」です。

逆の立場で考えるならば、「出来るだけ若くて早慶上智以上の出身者のミスコン経験者を募集します」と男子がプロフィール書いているのを見たら、それだけで気分が悪いですよね。

女子がプロフィールに書く場合も同様で、年収や勤め先等の希望条件んはわざわざ書かない事をおススメします。

読んだだけで強欲な女子であると思われます。

どうしても譲れない条件があるのであれば、出会って会話の中からさりげなく探るか、相談所のスタッフを通して聞くようにしましょう。

自分が嫌いなもの

相手に対する希望条件と同様に書いてはいけないものが、「自分が嫌いなもの」です。

自分の嫌いな食べ物が相手のだったりするパターンもありますが、それよりも嫌いなものをプロフィールに堂々と書く女子は、他人の悪口を言う攻撃的な女子だと思われて敬遠されます。

文字数制限のある限られたプロフィールに、わざわざ悪口を書くメリットは全くないです。プロフィールを作る際は前向きな事柄以外は書かないように意識しましょう

自分の容姿

容姿はプロフィールに掲載される写真を見れば分かります。自分の容姿に自信が無くても言葉で補強しようとするのは絶対にやめましょう。

「写真より若く見られます」とか書くのはハッキリ言って最悪です。

「気にしているという事は、年齢相応の見た目なんだろうな」と逆の印象を与えかねません。

プロフ作りに迷ったらアドバイザーに相談を

冒頭にも書きましたが、最終的なプロフィール作りは婚活のプロに相談するのをオススメします。

数えきれない男女を成婚に導いてきたアドバイザー達は、男女のハートに刺さるアピールポイントを熟知しています。

ハイスペ男子との婚活には自身で長所を把握してアピールする必要はありますが、アドバイザーは自分自身も把握していない長所を見つけてくれる事もあります。

そういった第三者目線でアドバイスをもらえる事も、婚活で結婚相談所を利用するメリットの一つだと思います。

ハイスペ男子とのお見合いを二度目に繋げる秘訣

結婚相談所に入会してから一度も会った事のない相手と初めて会う時は、特に緊張するものです。

2度3度会っていくうちにお互い自然と心は解れていくものですが、1回目のお見合いで撃沈する人も多いのが相談所のお見合いの実情です。

お見合いを2回目に繋げる為のポイントをまとめてご紹介します。

初回のお見合いは写真と同じ服装で会う

結婚相談所で個別にセッティングしてもらえるお見合いの場合はアドバイザーから事前情報を頂戴出来ますが、それ以外の情報はお互いプロフィールに掲載されている写真と紹介文が全てです。

女子の場合は男子のプロフィールの紹介文まで熟読する人が多いと思いますが、男子の場合は特に相手の写真をよく確認します。(中には写真しか見てない男子もいます・・・)

つまり、紳士的なハイスペ男子といえども、女子に対するファーストインプレッションは顔から入る事が多いのです。

もちろん、何度も会って最終的に結婚に辿り着く決め手になるのは性格や相性になるのですが、男子は女子以上に第一印象を顔で判断する生き物なのは事実です。

逆に、お見合いに辿り着いた時点で、相手のハイスペ男子は女子の顔写真に対して悪く思っていないと考えていいと思います。

写真で足切りされるかと思うと複雑な気分になるかもしれませんが、そこは男子の本能だと思って甘んじて受け入れましょう。

ちなみに、婚活を半年くらい続けていると、プロフィール写真を撮影した時期は真冬だけど真夏に初めて会う男子、という状況が生まれる事もあります。その場合は最低でも髪型と服の色だけは写真に合わせて、写真に対する相手のイメージを壊さないよう細心の注意を心がけましょう。

事前にプロフィールの趣味を熟読する

プロフィールのチェックで1番最悪なのは相手の年収しか見ていないパターンですが、結婚まで意識していればその他の点もしっかりチェックするのは基本です。

その中でも、重要なのは、「趣味」です。

結婚相談所の紹介だと、事前に仕事内容まで大体分かるのですが、最初のデートで仕事内容を話題に出し過ぎると、年収の話題に触れるリスクがあります。

自分にその気がなくても、「仕事内容をしつこく聞いてくるという事は、やはり年収が1番気になるのかな」と思われる可能性がありますので、初めてのデートでは仕事の話に終始するのは避けた方が無難です。

その点、趣味に関しての話題は、驚くほどに男子は警戒心を解いて話します。

特に趣味の内容が女子に理解されない分野であるほどその傾向は強いです。

サバゲーが趣味の男子に対して、一緒にマシンガンを担いで参加してあげるまで譲歩する必要はありませんが、基本的な知識を事前に勉強しておいて女子から話題を振ってあげるだけでも男子は喜びますので覚えておきましょう。

1度会えても2度目に繋がらない場合

原因として一番考えられるのは「会って話して見たら写真とイメージが違った」というパターンです。繰り返しになりますが、ハイスペ男子に限らず男子全般として写真で有り無しを決めてしまうケースが多い傾向がありますので、1度目でそう思われてしまうとそこからのリカバリーは難しいです。

初めて会った時にどうしても次に繋げたいと思った時は、とにかく相手をホメちぎりましょう。そして、デートの最後に楽しい時間を過ごせた事にお礼を言って、次は自分がお茶代をご馳走させて欲しいと伝えましょう。(相談所の初顔合わせは基本は昼間のカフェで大抵は男子がお茶代は持ってくれます)

それでも2回目は遠慮しますと言われれば多少落ち込むと思いますが、気を取り直して次に行くべきです。

出会ってから幸せな結婚生活に到達出来るかどうかは努力次第ですが、自分を幸せにしてくれるハイスペ男子と出会えるかどうかは、ハッキリ言って「縁」です。

最善を尽くしても2回目に繋がらない場合は、「今回は縁がなかったけ」と自分に言い聞かせて、気持ちを切り替えて次に進むように心がけましょう。

婚活中のハイスペ男子が喜ぶプレゼント

プレゼントの値段に関わらず、女子が自分に好意を持ってくれているという事実に対して世の多くの男子は喜びます。

と言っても、あまりにも安過ぎるプレゼントだと「自分はその程度に見られているのか・・・」と思われてしまいますし、逆に付き合う前からいきなり手編みのマフラーのような重過ぎるプレゼントをもらってもドン引きされてしまう事もあります。

そんな婚活中のハイスペ男子がもらって喜ぶ、TPOを弁えたプレゼントについて解説していきます。

付き合う前にあげると喜ばれるモノ

結婚相談所のお見合いで知り合っても、付き合ってしまえば普通の恋愛と同じなので、プレゼントを奮発してもお互い違和感を感じる事は少ないと思います。

逆に難しいのが、付き合う前の微妙な関係の時に渡すプレゼントです。

結婚相談所では、お見合いで知り合ってから正式にお付き合いするまでに、大抵は仮交際の期間が存在しますので、普通はお見合いからお付き合いに発展するまでに最低3回程デートを重ねる事になります。

この仮交際の微妙な期間に、ご馳走してもらったお礼に何かあげたいと思った時に、何をあげるべきか迷う事が結構あると思います。そんな微妙な関係の時のオススメのプレゼントの条件は2つあります。

食べたらなくなるモノ

1番無難なのは食べたらなくなるモノです。後に残らないので、重く思われる心配がありません。オススメはデパ地下のゼリー等のお菓子です。安すぎずオシャレなので、センスがいいと好印象を与えます。

ただし、手作りのお菓子はあげない方が無難です。手作りのお菓子は、付き合ってからあげると絶大な効果を発揮しますが、警戒心の強い婚活中のハイスペ男子にプレゼントすると重過ぎると思われる事があります。

腕に覚えがあっても、その腕を披露するのは付き合うまでは控えておきましょう。

プロフィールに書いてある好物

結婚相談所に登録している全てのハイスペ男子が、自分の好物をプロフィールに書いている訳ではありませんが、書いてあれば好物を優先してプレゼントに選びましょう。

プロフィールに好物が書いていない場合は、出来れば一回目のデートで好物と苦手なものをそれとなく聞いておく事をオススメします。

特にお酒飲みの男子は甘いものが苦手な人もたまにいますので、プロフィールにお酒好きと書いてある場合は、オツマミになる甘くないお菓子を選ぶようにしましょう。

付き合う前にあげない方がいいモノ

付き合う前は、「残るもの」あげないほうが無難です。キーホルダーのような小物をあげるだけでも、警戒心の強い婚活中の男子には引かれる事があります。

それと先述の通り、手作りのモノも重く思われる事があるのでやめた方がいいです。

初めて会った時から自分の気持ちが盛り上がっていても、相手の気持ちがそこまでのボルテージに達していない事はよくありますので、付き合う前のプレゼントは控え目なものを選んだ方が逆に喜ばれる事が多いのです。

プレゼント選びに限った話ではないですが、婚活中は特に相手の気持ちになって考えるように心掛けましょう。

バレンタインは義理チョコを配る事を推奨

婚活中は焦って視野が狭くなりがちですが、バレンタインのある2月に出会った男子に対しては、例えタイプの男子でなくても義理チョコをあげる事をオススメします。

一見すると自分にメリットがない行為かもしれませんが、例えタイプの男子でなくても、自分と会ってくれた男子に対して感謝の気持ちを表す癖をつける事で、他人への思い遣りが自然と身についてきます。そして、損得を考えずに他人に対して感謝の行動を取れる女子こそが、「ハイスペ男子にモテる」女子なのです。

他人への優しさはいつか自分に返ってくると言われた経験が、誰でも1度はあるかと思いますが、結婚相談所の婚活でも実際にそれはあります。お見合いの後、チョコをもらった男子は自分のアドバイザーに対して、「とても優しい女子だった」と報告するでしょう。

それを聞いたアドバイザーは感激して、例え今回のお見合いが上手くいかなくても、「そんなに心遣いが出来る女子なら、次はもっと素晴らしいハイスペ男子を紹介してあげたい」と思うはずです。

逆に、タイプではない男子と会った途端に冷たい態度を取るような女子に対して、相談所の秘蔵っ子の超ハイスペ男子を紹介してあげたいと思うでしょうか?

婚活のプロ集団である結婚相談所のアドバイザーも結局は人間です。

タイプのハイスペ男子に出会えば、どんな女子でも本命チョコをあげたいと考えますが、タイプではない男子に義理チョコを配れる女子な中々いません。

それでも行動に移せる心の余裕がある女子こそ、最終的に幸せな結婚に到達出来るのだと思います。

ハイスペ男子とのお見合いで絶対NGな話題

ハイスペ男子は教育水準の高い家庭で育ち、教養がある人が多いですが、逆に品の無い話題は苦手な人が多いです。

そして、優れた頭脳の持ち主であるハイスペ男子は、会話の節々から、一瞬で女子の内面を見抜いてくる場面も多々あります。

あまりガツガツ行き過ぎると、ドン引きされるスピードも一般男子より早い傾向がありますので、デートの話題選びには注意しましょう

以下でハイスペ男子との会話で実際に話したらNGな話題を紹介します。

過去の恋バナを話す

これはハイスペ男子に限らず、自分が好意を持っている男子に対して絶対にやってはいけません。一度は耳にした事があるかもしれませんが、「女は男の未来を気にして、男は女の過去を気にする」という言葉があります。

女子には理解し辛い事ではあるのですが、男子は女子の過去の恋愛を物凄く気にします。

普通の男子と比べれば、自分に自身を持っているハイスペ男子は、相手の女子の過去の男達にコンプレックスを抱いてダメージを受ける事は少ないですが、それでも少なからず不愉快な気持ちにさせる事は事実です。

また、過去の恋バナをしても、遊んできた女子と思われたり、自慢話ばかりする女子と判断される可能性も高いです。

自分がいかにモテてきたかをアピールするのは、自己満足を満たす以外にメリットは無いので、ハイスペ男子との会話に出すのは絶対にやめましょう。

婚約前に結婚する前提で話し過ぎ

相談所で出会う男女は最終目的が結婚である事は明白ではあるのですが、婚約前に結婚の話題を振りすぎるとほぼ確実にドン引きされます。

お見合いに連続で失敗して焦っている時は特に陥りがちですが、婚活が上手くいっていない時こそ心に余裕を持つべきです。

男子は女子よりも第一印象で恋に陥りやすい生き物です。

ハッキリ言って、プロフィールの写真を見て実際にお見合いに到達している時点で、既に少なからず好印象を抱いていると思っていいと思います。

お見合いに到達出来た時点で上手くいく可能性が高いのに、女子が焦っているの見てドン引きされたら非常に勿体ない話だと思います。

結婚したい気持ちを前面に出し過ぎるくらいなら、逆に無難な話に終始した方がはるかにマシですので気をつけましょう。

自慢話をする

過去の恋バナを語って自分がいかにモテてきたかアピールするのはNGである事は先述しましたが、自分がいかに優秀か、いかに気が利く女子かどうか等を言葉でアピールするのもNGです。

優秀かどうかなどは、結婚相談所のプロフィールの経歴を読めば分かってもらえる事です。そして、気遣いや優しさがあるかどうかは、デート中の行動を見ていれば分かります。

自慢話は結局は自分が褒めてもらいたいからするものであり、自分に自信が無い女子と思われるのがオチです。

自分の長所全般については言葉でアピールせずに行動でアピールするようにしましょう。

相手のプロフィールを読まずに話題を振る

男子に比べれば女子は相手のプロフィールまで熟読する事が多いと思いますが、プロフィールを読めば分かる事を質問するのは悪印象を与えます。

年収はプロフィールを見れば一発で分かりますし、趣味についても大抵は書いてあります。

ただし、プロフィールに書いてある事を深掘りして話題を振っていくのは好印象を与えます。

相手のハイスペ男子が学生時代にスポーツをしていたのであれば、自分は興味が無くてもリーグ戦の時期や強豪校の知識まで勉強していくと一瞬で距離が縮まります。

先に紹介した通り、男子は写真からお見合い相手の女子を写真で最初は写真で判断する事が多いですが、お見合いから結婚まで到達出来るかどうかとは地道な努力が左右します。

相手のハイスペ男子に喜んでもらう為に、相手の趣味を深掘りして勉強するのは、幸せな結婚への道を一歩進める事になると思います。